横浜宮田整骨院

Top 院長の呟き ご挨拶 健康News 電気治療

院長の呟き 2020年1月分

最新の呟き

1/31

坐骨神経痛

坐骨神経は腰から足にかけて伸びている神経です。
お尻、太ももの後ろ、ふくらはぎ、すね、足先等の一部や全体に、に鋭い痛みやしびれが現れます。
坐骨神経が何らかの理由で圧迫・刺激された事が原因です。腰痛に伴い発症することが多いです。
早期の来院をお勧めします。

1/30

緊張型頭痛

頭全体が締めつけられるように痛む。痛みがだらだらと続き、長いと1週間ほど続くこともある。肩や首のこりを伴うことが多い他、めまいや目の疲れなどが現れることも。同じ姿勢を長時間続けた後に起こりやすいため、デスクワークの人によく見られます。

原因とメカニズム
首から肩、背中にかけての筋肉の緊張が直接的な原因。筋肉が緊張すると筋肉内の血流が悪くなり、乳酸などの老廃物が発生します。そして溜まった老廃物が筋肉内を刺激し、痛みが生じます。

頭痛でお悩みの方は、ご相談ください。早く改善し楽になりましょう。

1/28

便秘症の方

当院の施術で解消しませんか? 薬に頼るより自力でスッキリしましょう。

1/27

筋肉の衰え対策 - 毎日少しの運動

筋肉は1年で1%づつ減少してしまうそうです。どの筋肉も大切ですが歩行、ランニング、ジャンプ等で働く「大腰筋」は特に大事です。高齢になると若い時より半分位に筋肉が痩せて、筋力もかなり弱くなり、膝や足全体的に上がりにくくなります。

しかし安心して下さい。
筋力は毎日少しずつでも良いので、鍛える事により1年後、2年後は確実に筋力が付き、今より強い脚力が身につきます。

大切な事は、毎日確実に筋肉トレーニングを行う事です。
例えば、朝夕、スクワット10回程度で良いので毎日トレーニングする事です。いろんな事をすると、飽きて長続きしないものです。スクワット10回だけする事が毎日続けるこつです。

1/24

超音波骨折治療法

超音波骨折治療法と呼ばれるもの。
この治療法は、サッカーのデビッド・ベッカム選手や野球の松井秀喜選手が骨折治療のために受けたことでも注目されました。
当院の超音波(ULTRASON RE-3000)治療器は超音波骨折治療法が可能です。

1/23

超音波治療器の原理
超音波(ULTRASON RE-3000)

超音波治療器の特長は、刺激が深い部位まで届くことです。
深い患部には1MHzの周波数を、浅い患部には3MHzの周波数を用います。また出力レベルを変化させたり、振動の間隔を変化させたりすることで、様々な施術が可能となっています。

では、この超音波が、私たちの体にもたらす効果は、具体的にどのようなものでしょう。
例えば肩こりは、肩回りの血流が悪くなり、筋肉が収縮している状態です。そうすると老廃物が排出されにくくなり、筋肉の中に疲労物質が溜まって引き起こります。
そこに超音波治療器を当てると、温熱や振動によって血管が拡張し、疲労物質が流れ出すという仕組みです。

1/21

寝違えた時

筋肉のけいれん、こむら返り、血流が悪い、筋肉や筋膜に長時間の同一姿勢や圧迫等の色々な原因が考えられます。
マッサージが有効な場合もあるかもしれませんが、余計に痛くなる場合もありますので良くありません。
自己判断で温めや冷やしストレッチなどせずに早期に受診するようお勧め致します。

1/20

寝違えと枕

寝違えの多い方は枕が合ってないかもしれませんよ。
確認しましょう。

1/17

これからも皆様の健康サポートのために

今年ももう半月以上が過ぎました。暖冬と言いますが、寒いですね。本格的な寒さが来る前に体を整えておきましょう。
日本で開催が決まった2025年の万博。開催目的には「健康と福祉」も盛り込まれ、超高齢化社会を見据えて健康への関心がますます高まっていくことでしょう。
本年も皆様の健康をサポートするために日々研鑽に努めて参ります。

1/14

寝違え

軽い場合は自然治癒しますが、重度の場合は少しの動作でも首が痛んだり、腕や肩が重苦しくなったり、しびれを生じたりして辛いですね。
特に、上を向いた時に痛みが強い場合は、重篤です。
電気治療で痛みを軽減できる可能性が大きいです。お気軽にご相談下さい。

1/10

電気治療・マイクロカレント使用例

手技施術後の補助として物理療法機器『マイクロカレント(微弱電流)』を使用します。この機器は筋肉や各組織に対するリスクが低く、患部の治癒促進や組織の修復が早く期待できます。

1. 打撲や打撲に伴う内出血
2. 挫傷(肉離れ)、それに伴う内出血
3. 足底腱膜炎やハムストリングス腱炎、アキレス腱炎等
4. 坐骨神経痛
5. 腰痛
6. 肩関節炎や肩の可動制限や神経による疼痛等

その他、色々な症状に効果的です。この様な症状がある方は、放置せず来院してください。

1/9

ひざ・肩・腰などの慢性的な痛み

慢性的な痛みを抱えている方、痛くて動かないでいると、筋力も衰え、関節も固くなりますよ。症状は治らず、更に悪化する場合も。
でも、無理に運動して動すと悪化する場合。
慢性的な痛みがある方はご相談下さい。回復には時間がかかる場合が多く、早めの治療開始をお勧めします。

1/8

早めの来院をお願いします

今年の干支は子年。十二支の最初、そしてオリンピックイヤーですから、新しいことを始めたい気持ちになりますね
さて、初詣にはもう行かれましたか? 初詣は早い方が良いとされ、三が日までに行けなければ「松の内」までにと言われます。この「松の内」とは、江戸時代に1月7にまでとなりましたが、関西を中心に移動時代以前の1月15日とする地域もあります。
ケガや身体の不調があった時にも早めの来院が良いです。

1/7

冷えを感じる人は温めましょう

毎日寒いですね、体の冷えを感じる方は、冷えを感じる部分を温めましょう。
手先が冷える人は手を、足先が冷える人は足先を、肩こりや、首回りが冷える人は首の後ろ温めましょう。 また全身が冷える人は、へそ下辺りを温めると、全身に温かい血液を送り届けられます。
冷えは万病の元とも言われます。冷えると内臓の働きも低下し、免疫力も下がります。効果的に温めて、体調を崩さない様にしましょう。

1/6

本年もよろしくお願い致します

新年明けましておめでとうございます。
今年もご愛顧のほどよろしくお願い致します。
1/6より通常診療しております。



横浜宮田整骨院

診療時間

平日   : 午前10時 ~ 午後10時まで

土・日・祝: 午前10時 ~ 午後 5時まで

休診日  : 水曜日


住所

横浜市保土ヶ谷区宮田町1-4-14 大島ビル1階103号


電話

045-459-9121


交通機関

電車 : 相鉄線 天王町 駅 徒歩7分

バス : 横浜市営バス/神奈川中央交通/相鉄バス
   洪福寺、宮田町 バス停 徒歩1分