横浜宮田整骨院

Top 院長の呟き ご挨拶 健康News 電気治療

当院の電気治療

当院で使用している電気治療は、この様な効果があります。



■ マイクロカレントセラピー
(MC : 微弱電流療法 )

怪我(肉離れ、捻挫、打撲、筋肉痛など)を早期に回復する 効果がある電気です。

怪我をして、すぐに治療を行うと素晴らしい効果があります。また、
トレーニングや試合後のクールダウン 
にも効果がありますよ。

野球のピッチャーであれば肩、肘。陸上競技であれば足低、アキレス腱、ふくらはぎ(腓腹筋)、膝、ももの前後、股関節。柔道であれば体全身の打撲、捻挫、挫傷、突き指
目覚ましい効果があります。

ピリピリこない、痛くない、人体に流れている電流に似た、微弱電流です。
人体に流れている弱い電流を生体電流と呼び、その中には何らかの原因で傷ついた損傷電流と呼ばれるものがあります。


正常な細胞は、内がマイナス、外がプラスに荷電し、内と外でバランスを保っています。
細胞が損傷を受けると、損傷部分の細胞膜の外側もマイナスとなり、血液の出入りが困難になってしまいます。
困難になった患部に正常な部分の細胞から、プラス電流が流れてバランスをとろうとし、細胞膜内外の電位を正常化させます。そして損傷した組織の細胞レベルで修復が行われことにより、即効的に痛みなどの消失が行われ、血流やリンパの流れも改善されて行きます。
この電流が損傷電流です。
アスリートの選手などにも、即回復が出来る治療法として使用されています。

また、副産物として当院臨床症状ですが、髪が黒くなった、しみが薄くなった、火傷の痕が薄くなった、擦り傷が早く綺麗になった、長年あった湿疹のような物が薄くなった等、本来の治療とは関係ありませんが、このような声を多く頂いております。
これはターンオーバーが早く行われたか、正常化されたと推測されます。

Topへ戻る

■ マイクロカレントクロスセラピー
(MCC : 全身微弱電流療法 )

自立神経のバランスを調整する
効果がある電気です。

疲れやすい、食欲がない、お肌がガサガサ、
夜ぐっすり眠れない...

そんな悩みがある方、自律神経が乱れているかもしれません。MCCを試してみませんか?

ピリピリこない、痛くない電気です。
上下肢の4点から微弱電流を流すことで生体恒常性を調節し、全身の細胞の活性化を促す新しい治療法です。
通常の施術の後治療法として活用いただくと、より一層効果が高まります。


また、副産物として当院臨床症状ですが、髪が黒くなった、しみが薄くなった、火傷の痕が薄くなった、擦り傷が早く綺麗になった、長年あった湿疹のような物が薄くなった等、本来の治療とは関係ありませんが、このような声を多く頂いております。
これはターンオーバーが早く行われているのではないかと推測されます。

Topへ戻る

■ ハイボルテージ(HV)

皮膚潰瘍の治癒促進、疼痛の軽減、血流量を増大する 効果がある電気です。また、

痛みをブロックする効果があり、肉離れ・打ち身 様々な治療に効果を発揮しています。

トップアスリートも使用している 最新の治療です。特にスポーツ障害のある方に適しています。
通常の電気治療の10倍の電圧を皮膚に加えることで、皮膚の電気抵抗を10倍低くし、直接筋肉や神経・血管に痛みなく刺激を与えることができます。
血液量が大幅に増大させることで、各組織への酸素・栄養素供給を促進し、同時に疼痛部位に滞っている疼痛物質・疲労物質が血管、リンパ系を経由して排出されます。そして、固まった腱、筋肉をほぐします。
間接痛・神経痛・しびれ・こり等 に短時間で驚異的な効果を発揮します。

痛みのブロックだけではなく、HVは以下もできます。

①初期治療~強力な痛みのブロック

痛みが強すぎて何もできない。そんな時にはハイボルテージが最も活躍します。非特異腰痛、肩関節周囲炎(40肩、50肩)、膝関節痛などに対し、強力に痛みをブロックします。HVはこの筋の硬結に対しても有効です。

②回復期~筋肉の硬結(コリ)の緩和

痛みと付き物なのが、筋硬結(コリ)です。痛みがあるとその周辺の筋肉や駆動に関係する筋肉が生体反応により固くなってきます。

③後療期~筋力トレーニングサポート

アスピアのHVには筋トレサポートモード(NMES(EMS)モード)が搭載されています。痛みが良くなれば、今度は予防が大切です。HVを使いながらポイントを絞った筋肉トレーニングを行いましょう。

Topへ戻る

■ 鍼を刺さない鍼療法
 SSP(Silver Spike Point)

大阪医科大学麻酔科によって「 鍼を刺さない鍼療法」という発想から開発された治療法です。血行を良くし鎮痛・消炎効果が期待できるもので、 首・肩・腰・四肢の痛み効果的です。また、種々の疼痛疾患のみならず、ストレスの緩和やリハビリテーション分野にも広く用いられている療法です。ツボ刺激の効果も研究者の間で広く知られ、安全な痛みの治療法として臨床応用されてきました。

皮膚の表面にある角質は電気をなかなか通さない性質がありますが、その内部の筋肉や血管、神経は電気を良く通します。この角質の幕をSSPの円錐状の金属電極の先端部が、伸張させ、電気的抵抗を下げる働きをします。そしてSSPの先端部に集中した電流で、治療点への高密度な通電を可能としています。


頸部痛(外傷性頸部症候群や頸椎骨軟骨症)、肩凝り、肩痛、腰痛(筋々膜症や変形性腰椎症)、変形性膝関節症、筋々膜性疼痛一般の治療に活用されています。

Topへ戻る

■ パルス波刺激療法(FP)

パルス波を用いての神経刺激による鎮痛効果 が期待できる治療器です。また深部まで揉み解すことができます。

Topへ戻る

■ 中周波電気刺激療法(MF)

電気刺激で筋ポンプ作用などによる血行改善・発痛物質の除去 等を効果的にできる治療器です。

Topへ戻る

■ 干渉波

筋を収縮させ、ポンピングの作用により血流を促進させて、痛みの物質を取り除く作用が強い電気です。 様々な疼痛性疾患、首や腰からくる手脚のしびれ、膝に水がたまった(関節水腫)、肩こり、疲労回復、血行促進、神経痛、筋肉痛の緩和、筋肉のコリをほぐす、末梢神経麻痺症状の緩和、マッサージ効果 等があります。

血流を促進させる事で筋肉のハリや関節など、広い範囲の痛みに効果的です。中周波領域の周波数を使用していますので、皮膚抵抗値が低くなるので通電の際の痛みを感じにくく、刺激感のやさしい治療器です。

Topへ戻る

横浜宮田整骨院

診療時間

平日   : 午前10時 ~ 午後10時まで

土・日・祝: 午前10時 ~ 午後 5時まで

休診日  : 水曜日


住所

横浜市保土ヶ谷区宮田町1-4-14 大島ビル1階103号


電話

045-459-9121


交通機関

電車 : 相鉄線 天王町 駅 徒歩7分

バス : 横浜市営バス/神奈川中央交通/相鉄バス
   洪福寺、宮田町 バス停 徒歩1分