横浜宮田整骨院

Top ご挨拶 健康News 院長の呟き

院長の呟き 2019年8月分

最新の呟き

8/30

首のコリ

デスクワーク、猫背など不自然な姿勢が長時間続くと、首の筋肉や関節に負担がかかり、首の筋肉の血流が悪くなり、首のコリや痛みの原因となります。
施術で解消しましょう。
首コリが続くと頭部の血流まで悪くなり、頭痛や抜け毛、白髪などの原因になることもあるそうですよ。

8/29

肋間筋損傷 - 肋骨(ろっこつ)周辺の痛み・激痛

咳やくしゃみをして肋骨の辺りが痛い、激痛が走る方は肋間筋損傷の可能性があります。
肋間筋は肋骨の間にある筋肉です。それが激しい咳などで強い力がかかって、肉離れや重度の筋肉痛になった状態が肋間筋損傷です。
すぐに完治することは難しいですが、電気治療で痛みを和らげることが可能です。
また、コルセットなどで固定することで、痛みが和らぐ場合もあるのでご相談ください。

8/27

冷房病(クーラー病)

正式な病名では無い様です。

エアコンの効いた室内と猛暑の屋外、この寒い・暑いの繰り返しが、体温調整や発汗をコントロールする自律神経のバランスを乱す原因だそうですよ。

自律神経のバランスが乱れると、体が中々温まらず、汗を掻きにくくなり、疲労物質が体内に溜まります。そのため、だるさや疲れやすさ、夏バテの原因となるのです。 また、血液の流れや心臓の動き、胃腸の働きなども乱れるため、全身に様々な症状が起きるそうです。
手足の冷え、食欲不振、下痢、イライラする、首コリ、肩コリ、腰痛、腰が重い等、肌荒れ
ストレスの原因にもなりますね。

オフィスのクーラーからの冷気は天井から降りてきますので、まずは首、背中、腰に冷気が直接当たらない様に気をつけて下さいね。

8/26

頭痛、眼精疲労の悩み

当院の施術で機能回復してみませんか?
ご相談ください。

8/23

肩こり

症状がひどい人は注意です。症状が重いと頸椎のヘルニアや頚椎症などの可能性があります。
箸やペンが上手く使えない、ボタンがかけにくいなど日常動作がしにくいなどの症状が出たり、足のしびれが出ることもあります。
日頃から定期的なケアをしましょう。

8/22

熱中症 ~汗~

水分を取ることは大事ですが、汗をかいたら直ぐに拭き取ることを忘れずにしましょう。
汗が汗腺をふさぎ、熱を体内に止めてしまうために、体調不良に陥るからですよ。
暑い日が続きます。気をつけてください。

8/20

夏の血液ドロドロ

夏は、汗によって体内の水分を失いやすくなります。水分が減ると血液が濃くなり、血流の速度が低下してドロドロの状態になります。

水分補給のポイント

1. 就寝前に水分補給
睡眠中はかなりの量の汗をかくので、水分が
不足して血液の濃度が高くなっています。
また起床時も必ず水分補給をしましょう。
なるべく冷たい物は避けて、温かい飲み物に
しましょう。

2.外回りや運動などで大量に汗をかく人
汗をかく前の補給が大切です。1度にたくさん
飲むのではなく、こまめに摂るよう心がけま
しょう。

3.エアコン
エアコンは湿度を下げるので、尿とは別に体
から水分が蒸発していきます。
デスクワーク中心の人でも、冷房のきいた
室内にいる時は、意識して水分を摂るように
心がけましょう。

4.ビールが美味しい季節ですが
アルコールを飲むと利尿作用によって、
飲んだ以上の水分が体外に出ていきます。
水分補給と言うよりは、逆に脱水状態になり
やすくなります。

皆さん体調管理に気をつけて、夏を乗り切りましょう。

8/19

慢性的なひざ・肩・腰などの痛み

ひざ・肩・腰などの慢性的な痛みで動かないでいると、筋力も衰え、関節も固くなります。症状が治ることはなく、さらに悪化する場合もあります。
また無理に運動して動かしても、悪化する場合もあります。
慢性的な痛みがある場合は、ご相談ください。回復には時間がかかる場合が多く、早めの治療開始をお勧めします。

8/16

成長期のスポーツ障害

成長期は、骨の両端は軟骨になっていて、伸びて成長しています。そのため骨や関節は大人よりも弱いです。
スポーツなど強い圧迫やひっぱりが繰り返えされると、関節の変形などスポーツ障害を起こしやすいです。
無理をし過ぎない様にしましょう。将来のためにも、異変を感じたら早めに治療へご来院下さい。

8/15

スポーツ障害

繰り返し身体に過度な負担が掛かったことで、慢性的に痛みがでます。
関節の変形、骨の分離したまま治らないなど、日常生活に影響が出るほど重症化することもあります。
ちょっとした痛みや違和感、フォームの乱れなどの小さな異変を見過ごさず、早めに治療へご来院下さい。

8/13

ぎっくり腰になったらすぐに治療を

今年の夏は特にぎっくり腰の方が多くなっています。
ぎっくり腰かなと思ったらすぐに治療に来て下さい。日に日に腰が重くなり、7日~10日位で重症化してからだと治りが遅くなりますよ。

8/9

暑い日のスポーツ

血液ドロドロで、筋肉の血流が悪くなり、肉離れしますよ。気をつけましょう

8/8

お盆期間中の診療

カレンダー通り診療いたします。
14(水)は休診日ですのでご注意ください。

8/6

暑中お見舞い申し上げます

平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、心から御礼申し上げます。

当院ではお盆はなく、通常診療しておりますので、普段の疲れや体のメンテナンスにご利用ください。

令和元年 盛夏


8/5

捻挫に気を付けましょう

捻挫で来院する方が増えています。スポーツをする前にストレッチを忘れずに。
捻挫をしたらまず安静にし冷やしましょう。そして出来るだけ早く治療にお越し下さい。
せっかくの夏休み・お盆休み、ケガの無い様に過ごして下さい。

8/2

施術(揉み)の効果

暑さで食欲がない方、揉みむ事によって代謝と血流も良くなり、内臓機能(特に胃の状態)が活発になって食欲が出ますよ。
逆に食欲があり過ぎて、ちょっとダイエットしたいけれども運動が苦手な方も、揉む事により代謝があがり、痩せる効果が期待できますよ。

8/1

夏の疲れ

夏は始まったばかりなのに、すでに暑さでお疲れの方、これからが猛暑日の本番です。この夏の疲れは、涼しくなる秋にやってきます。
秋に体調を崩さないために、今のうちに、体のメンテナンスをお勧めします。

横浜宮田整骨院

診療時間

平日   : 午前10時 ~ 午後10時まで

土・日・祝: 午前10時 ~ 午後 5時まで

休診日  : 水曜日


住所

横浜市保土ヶ谷区宮田町1-4-14 大島ビル1階103号


電話

045-459-9121


交通機関

電車 : 相鉄線 天王町 駅 徒歩7分

バス : 横浜市営バス/神奈川中央交通/相鉄バス
   洪福寺、宮田町 バス停 徒歩1分